二本木峠と丸山林道

Rimg4216
一週間前になりますが秩父の方に行って来ました。
今回の登りは二本木峠(約5キロ)と丸山林道(約10キロ)です。
途中景色が楽しめる天空のポピー畑と秩父にある寺坂棚田を通って行きます。

Rimg4171
多摩湖から飯能→八高線沿いに30号を走り小川まで行きます。
最初の峠の二本木峠まで50キロ以上あるので疲れないペースで進みます。
アップダウンはあまりありません。交通量もそこそこあるので気を付けて進みます。
Rimg4174
小川のセブンイレブンでのんびり休憩をし少し行くと二本木峠へ入る道があります。
この辺りは自宅からだと距離もありあまり行く機会がありませんが定峰峠、粥仁田峠、七重峠など大小様々な峠があり気になっていました。
今回ここまで迷わず来れたのは先日定峰峠に行って道も覚えたおかげです。
この二本木峠への入り口も前回定峰峠へと曲がった落合橋より少し先に行った所でした。
Rimg4177
二本木峠への登り道です。
誰ともすれ違いませんでした。勾配もそこそこありつづら折りが多くありました。
景色が開ける所もあり廃墟?元別荘も数件ありました。

Rimg4179
静かな峠道を登りきると二本木峠に到着です。
景色はあまり良くないです。道の分岐点ですね。
ただここから彩の国ふれあい牧場への道は景色も開けていて気持ち良い道でした。
Rimg4193
平日でしたが牧場は賑わっています。
Rimg4197
高原の牧場です。

Rimg4234
さらに進むとポピー畑♪
最初この赤い景色が目に飛び込んできた時は感動です。Rimg4236
訪れている人も結構いて皆さん写真を撮ったりしてます。
今しか見れない景色です。
この後は下って行き今度は秩父の横瀬町にある寺坂棚田を目指します。
下りきって左に進みます。82号から11号に行きます。
武甲山を見ながら進みます。
Rimg4259
道をスマホで確認しながら寺坂棚田に到着です。
Rimg4262
のどかな景色を見ながらここの東屋でのんびりおにぎりを食べます。
でもまだ10キロの登りがあるのであまり心は落ち着きませんね~
そして食後すぐこの日のメインの丸山林道です…
この寺坂棚田がほぼ丸山林道へのスタートといった感じです。
Rimg4286
山深いなか淡々と高度を上げていきます。
長いですー
Rimg4287
頂点地点の県民の森駐車場は以前も来た事があるのでスルーします。
Rimg4294
少し行くと大野峠の東屋があり尾根道のグリーンラインへと繋がります。
ここでこれからのコースを考えながら最後の食糧を食べ尽くします。
疲れちゃったので東峠経由はボツ。299かな~ 
武蔵横手駅に出る林道が車とのストレスもなく良いかな~ただ登り返しがあるんだよな~
Rimg4298
結局グリーンラインのアップダウンにやられて林道八徳線で299に出て飯能~狭山湖~多摩湖で帰りました。
今回のエリアも見どころもあり良かったな~ ちょっと遠いいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四尾連湖 本栖湖 精進湖

Rimg0153
少し前に山梨県にカーサイクリングにガミさんと行って来ました。
新緑の季節は気持ち良いですね~
Rimg0115
中央高速で甲府南インターから歌舞伎文化公園まで車で行きます。
歌舞伎文化公園の道路を挟んだ向う側にも駐車場がありそこからスタートです。
Rimg0117
少し高い位置の道なので町が見下ろせます。
帰りは暗くなったのでこの町の夜景がきれいでした。
Rimg0119
天気も良く暑いです。ウインドブレーカーもいらないようでしたが一応持っていきます。


Rimg0129
最初は四尾連湖を目指します。
コースを考えている時にたまたま見つけた道ですが山が見渡せたり車も少なく快適な登りで良かったです。
山間部の集落も見えます。
Rimg0136
しびれこと読むそうです。
登山口でもあるのかな?



Rimg0142
湖もこじんまりとしてました。

Rimg0182_2


四尾連湖から今度は南に下って進みます。
Rimg0195


人里に下りてきました。ここから9号を南に進み300号の本栖道に出ます。
Rimg0202

本栖道はトラックなど車が結構走ってます。
途中道の駅もあります。
Rimg0209
だんだんと勾配も出てきます。
約10キロのヒルクライムです。
淡々と登って行きますが10キロは長いですね~
温度も寒くなってきます。


Rimg0239
やっと見晴らし台に到着です。

Rimg0245
見晴らし台からの景色に癒されます。
以前もここに来た事があり、いつかは下から登りたいと思っていたので目標達成です。



Rimg0249
見晴し台から更に進みトンネルを抜けるとお札にもなっている富士山の景色があるのですがこの時は曇ってしまいました。
気温も低く風もあったので寒くてたまりません。朝からは考えられません。
標高が違うからかな?ウインドブレーカー持ってきて良かった~
ほうとう屋さんに入りまったりとします。ここからはほとんど下りなので気が楽です。

休憩後精進湖からの358号です。
358号を少し登ると精進湖トンネルがあります。
精進湖トンネルは車とのやり取りであまり走りたくないのですが下り基調でこの時は車も少なかったので大丈夫でした。
トンネルを抜けると圧倒的な山の中をグングン下って行きます。
軽快です!
そしてその先の右左口トンネルには行かず左にそれて36号に入ります。


Rimg0264
36号は上九一色村などを通る道です。
川沿いの穏やかな道をだだ下りです。
これでもかーと思う位下って行きますね~
登り返しも覚悟してましたがありませんでした。
いつの間にかいきに通った道に出ました。
そこから夜景を見ながら車に戻りました。
精進湖トンネルからは本当にご褒美的な下りでした。

のどかな山の中を走れる良いコースでした。湖は峠が無かったので題になっただけで湖目的のコースではありません。
四尾連湖、本栖湖へのヒルクライムもガッツリありますし本当だったらトンネルを抜けての富士山は圧倒的存在感があったと思います。
僕的にはヒルクライム→疲れた、寒い→ほうとう→ご褒美ダウンヒル→夜景の流れが最高でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霞ケ浦

Rimg0013
ちょっと前ですがガミさんと霞ヶ浦に行って来ました。
Rimg0004
車で茨城県にある霞ヶ浦総合公園まで行きます。
ゲートもないので帰りの心配もしなくてすみます。
ここからすぐ湖に入り水辺を走ります。

霞ヶ浦は日本で2番目に大きい湖です。
今回は100キロ弱でアップダウンも少ないコースです。
ガッツリな登りもなくクルクルとポタリングな感じで行きます。
時計回りで進みます。

湖沿いの道も所々自衛隊施設などで迂回しなくてはなりませんが農道を通ったり国道に出れば問題なく走れます。

Rimg0038
見晴らし台のある大須賀津湖畔農村公園がありました。

Rimg0041
せっかくなので登ってみます。
他のサイクリストの方も休憩してますね。

Rimg0054
こっちはお仕事中ですね

Rimg0043
これから進む道です。
本当に見晴らし良いですね~
しばらく湖沿いを軽快にはしります。

Rimg0058
湖沿いの道も終わりセブンイレブンと旅館喜久のある所から霞ヶ浦を離れ国道を走ります。
交通量もあります。125号をしばらく走り新利根川に合流し右手に川を見ながら進みますが飽きてきます。

Rimg0061
ちょっと飽きてきたのでここを↑左に曲がります。
食堂もありました。
ちょっと行くと川や雨宮牧場もあり川沿いに走りまた霞ヶ浦に着きました。

Rimg0069
稲敷大橋の近くの湿原地帯で眺めも良いので休憩します。

Rimg0078
妙岐ノ鼻湿原の野鳥を観察する為の小屋だそうです。


Rimg0080
休憩してる所から進行方向です。
真っ直ぐですね~
ここから進むと北利根橋がありますがここが交通量もあるので右車線に歩道があるので歩道で渡りました。折り返し地点です。
Rimg0091

鉄塔や船も雰囲気良かったな~
Rimg0104_2
その後も水辺をクルクルしながら走って行きました。

今回のコースはなんといっても水辺が近い。これが癒されます。
車とのストレスが少ない。コース最後の土浦駅あたりは大変だったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三国峠、明神峠、足柄峠、龍坂峠

Rimg1588
三国峠→明神峠→足柄峠→龍坂峠に行って来ました。
Rimg1518
山中湖までは車です。無料駐車場も多くあり助かります。
セブンイレブンの隣にある駐車場に停めます。
だけどこっちの方は寒いですね~

最初は山中湖沿いを走り730号に入り三国峠を目指します。
Rimg1525
途中にパノラマ台という駐車場もありカメラを持った人などもいます。
Rimg1537
富士山も良く見えてテンションも上がってきます。
Rimg1538
一面ススキの中を登って行きます。
Rimg1542
振り返ってからの一枚
Rimg1550
最初の峠三国峠です。
標高も1168mありますが山中湖の標高が約1000mなのでそれほど登りませんが富士山、湖、ススキがあり良い道ですね~

今度は明神峠を目指します。
Rimg1563
遠くの山まで見渡せてますね♪
Rimg1578
三国峠から明神峠は約3キロ下るだけですね。
Rimg1580
ここから富士スピードウェイのある静岡県の小山町まで下っていきます。
Rimg1585
僕達は下りでしたが小山町への勾配は凄いですね~
激坂です。
Rimg1608
この登りは大変だーと思いながら下って行きます。
この日は寒く下りでやられました。
コンビ二のラーメンとコーヒーで体を温めます。
それでも寒いので立ち読みも…
Rimg1609
今度は足柄峠を目指します。
入り口を間違えて滝沢林道から登って行きます。
道荒れてます。落ち葉もたくさん落ちていて滑ります。
心配しつつ登って行くと湧き水も道路一面流れていたりしてつるつるです。
進むか戻るか考えるもこの滑る道を下るのは危険なので進みます。
ちなみに転んでます。
だんだん傾斜も緩くなり進んで行くと365号の足柄街道に当たります。
路面が良いです♪ぜんぜん違いますね~
Rimg1613
そんなこんなで登って行くと足柄峠です。
ここから階段を登って行くと
Rimg1619
富士山がバッカーンと見えるのですがこの日は雲に隠れてました。
ここからは林道を通り箱根裏街道に行きます。
足柄峠から下り、トンネルの先で曲がりますが結構下るので不安になります。
やっと地蔵堂トンネルがありその更に先を曲がります。
Rimg1627
↑金時隧道です。林道の最後の方にありました。
この林道閉鎖中でしたが電話で確認すると歩きならいいんじゃないかな~との返答。
ドキドキしながら進みます。なので誰もいない中を進みます。
箱根裏街道に出たときはほっとしました。

次は御殿場への下りです。
その前に自販でコーンスープ、ミルクセーキ、おしるこを連続で飲みます。ようかんも食べます。
乙女トンネルを越え山中湖までは138号だけを進むので迷う心配はありません。

御殿場から山中湖まではひたすら登りです。
車通りの多い市街地を過ぎ一旦道の駅すばしりで休憩。もう真っ暗です。
ここから真っ暗な道を淡々と登ってやっと龍坂峠に到着。
長かった~ 後は山中湖まで下るだけです。
寒かった~ 道路にある電光掲示板は0度を表示してます…
何とか車に戻りライド終了♪

龍坂峠までは暗いし寒いしなかなか着かないしで辛いライドだったけど終わってしまえば良い経験になったと思います。
明神峠は今回は下りだったけど小山側からの登りはガッツリ辛口だと思います。
いつか挑戦したいな~


| | コメント (0) | トラックバック (0)

芦ヶ久保 果樹園ロードから県民の森

Rimg1544
だいぶ前ですが11月20日に丸山林道(埼玉)にある県民の森まで行って来ました。
山伏峠から299で道の駅芦ヶ久保まで行きます。
Rimg1531
道の駅から見える↑この道を登って行きます。
最初からなかなかの勾配ですね~
Rimg1539
家や果樹園もまばらに見られます。
人や車もほとんど無しです♪
Rimg1543
分かれ道もいくつもありましたが↑標識があり県民の森を目指せば大丈夫です。
Rimg1547
家も無くなりひっそりとした山道になります。
勾配もだんだん緩くなりますが長いです。
Rimg1552
やっと着いたーって感じです。
登り応えある登りでしたね~
後半踏めればもっと楽しいかも
Rimg1554
大野峠を越えグリーンラインを走ります。
Rimg1559
刈場坂峠から299号に降り天目指峠、小沢峠で帰りました。

ブログの更新は怠っておりますが11月はstravaというアイテムも手伝い一人ロングに7回行ってしまいました。

 6日 山伏峠                (中辛)
10日 芦ヶ久保から県民の森      (ボリュームある辛口)
12日 風張林道              (激辛)
15日 梅ノ木峠 つるつる温泉から  (量少なめの激辛)
19日 奥多摩湖              (甘口~中辛)
22日 大ワダ 奥多摩から       (ボリュームある辛口)
27日 子の権現 飯能から       (一箇所かなり激辛)

辛口な峠もあり自分なりのカレー的感想をしてみました。

あとこのあたりでガツン系だと顔振峠、和田峠、有間峠くらいですかね~

風張林道は僕の中では不動の1位ですね~





| | コメント (0) | トラックバック (0)

みずがき山 信州峠

Dsc_0100
今回のカーサイクリングは山梨方面に行きました。
Dsc_0054
車で道の駅韮崎まで行きます。
天気も良いですね~

ここでカメラを使おうとスイッチを押すもバッテリー不足の表示です。
荷物に入れたときに誤作動したのかな?
なのでこないだ買ったばかりのスマホで写真を撮って行く事になりました。

まずは141号を西に進みます。
少し行くとファミリーマートのある交差点(桐ノ木橋)を右折です。
ここからは基本登りです。
Dsc_0065
山沿いの道からはのどかな景色が見られます。
最初は増富ラジウムラインを上がって行きます。
Dsc_0107
交通量はそこそこありましたが山の中で気持ち良いです。
Dsc_0126
ちょいちょい集落などもあります。

Dsc_0139
更に登って行くとみずがき湖に到着です。
自然の中でアーチ橋が目立っていました。
ゆったりとした中で休憩します。
休憩後更に登って行きます。
休憩の後は足が重いですね~
Dsc_0158
更に進むと温泉地があります。
増富温泉です。ラジウム?の含有量が多いらしいです。
こじんまりした感じの温泉地です。硫黄の匂いもしてました。
Dsc_0163
温泉地からは渓谷沿いに進みます。
ここは本当に良い道ですね~
渓谷には名前の付いた大きな岩などがあったりします。
ガードレールも木ですね。カーブミラーも木が使われていました。
Dsc_0184
景色に感動しながら更に登って行きます。
渓谷沿いの道も終わりだんだん傾斜がきつくなります。
林の中のクネクネ道を進むと瑞牆山荘があります。
見た感じここがピークのようです。
ここから横道に入ると駐車場がありそこでご飯をたべます。
本当はみずがき山自然公園で食べたかったんですがどこかよく分からなかったので食べちゃいました。
瑞牆山荘から少し下るとみずがき山自然公園の入り口が…
折角なので行って見ます。
Dsc_0211
瑞牆山が目の前にドカーンと現れます。
圧倒的です。
Dsc_0234
岩山もあります。
しばらく山々を見て癒されます。

今度は信州峠を目指します。
少し下りまた登って行きます。
親切に信州峠への標識もあり迷うことなく行けました。
Dsc_0249
山梨県と長野県の県境が信州峠です。峠の標識は見当たりません。
ここからは特に景色も無くただ登りのピークってだけですね。
Dsc_0267
しかし少し下ると直線的な下りが!
気持ち良い♪
Dsc_0286_2
そのまま農道の道を進みます。
今度は野辺山目指し向かい風の中淡々と進みます。
Dsc_0310
野辺山駅に到着です。
野辺山駅は何度か来ているので落ち着きますね。
ここからは下りなので気も楽です。
寒さ対策をしてここから30キロ弱下って車まで戻りました。

みずがき山自然公園からの瑞牆山、信州峠の直線など写真で見て気になってましたが目的地まで行ってみるとやっぱり感動しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和田峠 入山峠

Rimg1455
今月のガミさんとのサイクリングは午後から雨予報だったのでカーサイクリングではなく自走です。
コースは八坂のダイエー→武蔵五日市駅→林道盆堀線→入山峠→林道醍醐線→和田峠→浅川サイクリングロードです。

拝島駅までは玉川上水沿いで行きます。
拝島駅から武蔵五日市駅までは陸橋通りなどを走ります。
通勤時間と重なったり信号で何度もつかまりストレスも溜まります。
Rimg1398
武蔵五日市駅で左に曲がり少し行くと戸倉のセブンイレブンがあります。
セブンイレブンで左(南)に曲がります。↑
Rimg1402
ここから車もぐっと減ります。
しかしダンプが多いですね。道も結構狭いけど走っています。
Rimg1424
ダンプが多かったの採石場があったからですね。
Rimg1426
採石場からは静かな林道盆堀線に入ります。
静かなひっそりとした道です。
Rimg1431
雰囲気良いですね~ 路面は悪いけど。
Rimg1443
川沿いに道があり癒されます。
この道は続いているのかなーと不安になるような道を抜けだんだん登り道になります。
上にはこれから行く道も見えてきます。
だんだん眺望も良くなってきます。
Rimg1448
そんなこんなで入山峠に到着です。
ここは峠と言うより道が分岐している所って感じです。
Rimg1471
更に進むと山肌に沿って道があり景色も良いですね~
Rimg1492
気持ち良く下って行きます。
Rimg1493
下りきるとこんな感じでチェーンがしてあります。
この先を右に曲がり今度は和田峠を目指します。
Rimg1495
集落を抜けるとまたチェーンがありますが更に進んで行きます。
Rimg1496
少し行くと二股になっていて左を進みます。
ここもチェーンがしてありますね。
林道醍醐線です。
ここから和田峠まで5キロのヒルクライムです。
前半は勾配きついですね~
路面も荒れてますね~ ここは下りたくないですね。
Rimg1498
だんだん勾配も緩くなり景色も遠くまで見えるようになってきます。
最後はダートを少し(100メートルくらいかな)走り和田峠に到着です。
Rimg1504
結局採石場からここまで集落で人とすれ違うも林道では人にも車にも会いませんでした。ひっそりとした静かな良い道でした。
和田峠で休憩し今度は陣馬街道方面に下ります。
醍醐林道と比べ劇的に路面が良いですね~
サーキットなみです♪
おかげで気持ち良く下れました。

そこから夕焼けこやけの里を過ぎ市街地を過ぎ途中で浅川の道やサイクリングロードで快適に帰りました。
Rimg1514
距離100キロ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

美ヶ原高原

Rimg1554
水曜日にガミさんとカーサイクリングに行って来ました。
この頃は猛暑でコース選択や時間も考えますね。
最初は栃木県の那須塩原あたりを考えていたんですが大雨、雷の予報なので変更でした。
最近予定変更が多いです。
Rimg1337
車で関越道、上信越道に乗り東部湯の丸で降りしばらく行くと今回停めた道の駅マルメロの道ながとです。
この日は天気も良くスタートから暑いです。
Rimg1348
道の駅から約3キロ下り基調の152号を進むと62号に入る道があります。
車通りもそこそこありますが下り気味なのであっという間ですね。
ここの分岐にあるコンビ二で凍ったペットボトル2本買い暑さ対策で背中のポケットに入れます。
Rimg1368
62号に入りました。
ここからしばらくはほとんど登りです。
Rimg1384
田園と山と青い空と景色良いです。
Rimg1391
少し写真を撮ったり風景を眺めます。
Rimg1420
日陰も少なく暑いなかヒィーヒィーしながら進みます。
水道があれば頭から水をかぶりたいですね。
直線的な道が視覚的にも気分がなえますね~
Rimg1435
コンビ二から12キロ進むと武石観光センターに着きます。
ここからまっすぐ62号で行くか曲がって464号で行くか考えます。
ここから周回コースなのでどっちで行くかです。
事前に調べたら464号は道が悪く勾配もきついとの事でした。
Rimg1437
なので安全に走るなら464号で登ります。
前回の熱海峠が激坂だったのでそこまで勾配はきつく感じませんでした。
Rimg1443
路面も問題無いですね。
カーブごとに標識があり番号が書いてあります。
最初は50くらいかな~?カーブをパスする度にだんだん数も減っていきます。
Rimg1444
建物が見えてカーブの標識の数も1になりました。
標高も1900m位あり若干空気も薄いかな?
ガードレールの向こうは絶景でした。
Rimg1461
ここから美ヶ原高原美術館の道の駅に行きます。
いつの間にか雲と同じ高さですね~
Rimg1465
美ヶ原高原美術館の道の駅のベンチでのんびりおにぎりを食べます。
景色良すぎです。天気も良くて良かった~
Rimg1470
座っているベンチから反対を見ると美術館やオブジェがあります。
標高も高いので気温も涼しいし風もかなりあるので自販でホットコーヒを買っちゃいます。
登っていた時には考えられない事です。
Rimg1484
道の駅から迷いながら山本小屋(↑現在地)まで行きここからは遊歩道(赤い道)で自転車をひいて行きます。
Rimg1486
自転車の靴は本来歩く事は考えておらず靴底にはクリートというプラスチックの器具が着いてます。
なのでこの道は歩きづらくきつかった~
Rimg1531
遊歩道の柵の向こうには牛がたくさんいました。
Rimg1532
草原も開放的ですね~
日本じゃないみたいですね~
Rimg1547
美しの塔、塩くれ場を過ぎ電波塔まで進みます。
それにしてもこの遊歩道長いです。
スニーカーかクリートカバー持ってくればよかった~
Rimg1575
思いの他長い道を歩きやっと電波塔と美ヶ原高原王ヶ頭ホテルに着きます。
Rimg1579
振り返ると通って来た道が見えますね~
Rimg1596
少し先には美ヶ原山頂の石碑がありました。
しかし疲れたな~
すぐ近くには美ヶ原高原王ヶ頭ホテルがあり皆さんのんびりと優雅に過ごされている感じです。僕達はいつになったら舗装路に出れるのかな~
弱気になりながらあとは下れば美ヶ原自然保護センターでそこから舗装路です。
分かれ道がありますが先の事を考え距離の短い道を選びます。
Rimg1606
しかしこれが過酷な道でした~
ほとんど岩場の道で段差もありました。
自転車を担いだり杖にしたりで道なき道を下ります。
Rimg1614
やっと美ヶ原自然保護センターまでたどり着きました。
結局1時間半歩いてました。まさかこんなに歩くとは思いませんでした。
少し休憩します。気持ちも落ち着きました。
Rimg1620
ここからも絶景ですね~
遠くの市街地も見えます。
Rimg1641
今度は美ヶ原自然保護センターからたけし峠を目指します。
ここからの道が良かったですね~
高原道路って感じで見晴らしも最高です。
Rimg1630
本当に最高です!
Rimg1659
そんなこんなで下って行くと分岐にでます。
分岐がたけし峠になっておりそこを右折して行きます。
ここからもだだ下りで帰ります。
楽ですね~武石観光センターまでは464号と同じようにカーブごとに番号が書いてありました。
武石観光センターからは来た道を戻ります。
頑張って登った道も下りだとあっという間です。
だんだん空気ももぉわっとして来ます。
結局ノンストップで車まで戻りました。ご褒美の下りは気持ち良かった~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱海峠

Rimg1102
水曜日にガミさんとカーサイクリングに行ってきました。
天気の関係で朝に予定変更し神奈川方面へ、小田原スタートで海沿いで熱海に、そこから熱海峠まで登って箱根峠→芦ノ湖→旧東海道→小田原のコースです。
Rimg1085
小田原城近くの運動公園まで車です。
この日は午前中は晴れで午後からは曇りか雨の予報でした。
熱海までは海沿いの135号を南下します。
Rimg1091
海沿いで気持ち良いがアップダウンも結構ありますね。
真鶴を越え湯河原を越えて気持ち良く走ります♪
Rimg1094
熱海ビーチラインの有料道路は自転車は無理なので僕達は135号を登って行きます。
Rimg1108
熱海で休憩しここから11号の熱海街道を登って行きます。
市街地の中、来宮駅まで行きますがかなりの激坂でした。
かなりの激坂でしたが普通にお店もあり人も歩いてます…

来宮駅からは人通りも無くなり山道になります。
来来駅までもそうですが基本勾配キツイです。
暑さも加わって更にキツイのですが頑張ります。
Rimg1117
後ろを振り返ると[危険急な下り坂]の標識があったり緊急避難の退避の坂がありました。
林道と違って車もガンガン横を通ります。
Rimg1120
笹尻の信号で赤なので一旦休みます。
ここから先もがっつり辛口な登りでした。
はたから見たらこんな暑い日になんで自転車でと思うんだろうな~
これが楽しんですけどね~
Rimg1136
やっとの事で熱海峠に到着です。
だんだん曇ってきて富士山も見えませんね…
天気だったら気持ち良さそうな道ですね~
Rimg1145
少し行くと十国峠レストハウスです。
ここでのんびりとおにぎりなど食べます。
Rimg1154
ここから気持ちよい高原ルートのはずでしたがこの日は霧の中でした。
ライト点灯して進みます。
Rimg1156_2
湯河原峠を越え
Rimg1162
箱根峠です。
この日はガミさんがテストサドルを貸してくれました。
フィジークのアリオネいいですね~
お尻を面で支えてくれます。いつもと違うので乗ってて楽しいです。
Rimg1165
芦ノ湖も霧の中でした…
更に進み今回は旧東海道732号で下ります。
↑ここを右ですね。
Rimg1168
こっちも急勾配でカーブもきついです。
いつか登ってみたいな~
外人の自転車乗りともすれ違い挨拶を交わします。
外人からみたらこの旧東海道の箱根への道は日本的な道なんだろうな~
Rimg1174
めっちゃ急勾配です。
そんなこんなで下りきると
Rimg1176
箱根湯本駅の近くに出ました。
ここからは1号の東海道で小田原まで戻りました。

今回は高原ルートはあいにくの天気でしたがまた天気がよかったら十国峠レストハウスあたり走ってみたいです。
メインディッシュの熱海峠はガッツリ勾配もありお腹一杯になりました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

観音峠 木賊峠 太良峠

Rimg1029
水曜日にガミさんとカーサイクリングに行って来ました。
今回は甲府から観音峠→木賊峠→乙女高原→太良峠→甲府に戻るコースです。
天気は大気が不安定で午後3時頃から雨予報だけどこの季節寒くないと思い行っちゃいます。
Rimg0943
車で中央道の昭和甲府で降り以前も利用した緑ヶ丘スポーツ公園まで行きます。
近くのコンビ二で朝食を食べます。
途中の補給ポイントはなさそうなのでおむすび5個とブラックサンダーチョコ3個を買います。
車通りの多い6号から西町の交差点を右折するとずーと登り基調です。
Rimg0948
段々の田んぼや石垣などもあり雰囲気が良いです。
Rimg0976
クリスタルラインの看板がありました。
クリスタルラインとは山梨県の北西部の一部の標高1000m以上の森林地帯を抜ける林道などからなる山岳ルートです。
自販もほとんど無く山深い道です。
Rimg0980
まずは観音峠を目指します。
Rimg0981
ひたすら登りです…
Rimg0983
分岐で休憩します。
この時は天気も良く喉も渇きます。
水分は自転車のボトル2本と500のペットボトルで計1.5ℓです。
Rimg0990

NTTの基地を過ぎると観音峠に到着です。
景色は特に無いですね。

Rimg0995
ここからは勾配もほとんど無く森林の中の道を気持ち良く進みます。
道幅は狭いけど自転車では問題ありません。
Rimg1009
木賊峠です。
Rimg1002
ベンチや東屋もあり眺望も良いのですがこの時は曇りで残念な感じでした。
ただしーんとした中でカエルや鳥の声が聞こえてきます。落ち着きますね~
霧もどんどん出てきたので今度は峠から約10キロ下ります。
下ってると雨が降って来ました。
どうしようもないのでそのまま進みます。
しかしっ雨がどんどん強くなってゲリラ豪雨のように…
一旦止まって考えるも雨宿りの場所も無いしメッチャ寒いので進む事に。
標高も高いので寒かった~ でも進むしかないので進みます。
ウインドブレーカーの撥水も効かず水が浸透してきます。
Rimg1012
ガタガタ振るえながらやっとの事で下りきりました。
幸い雨も上がりここでカチコチに固まった体をほぐします。
しんどかった~ 体の芯から冷えました~
休憩後今度は10キロ登って乙女高原まで行きます。
Rimg1023
ほとんど森林の中を走りますが所々開けたとこから山が見えます。
いやー山深いです。人も車も全然いません。
これですね~ 求めていた景色がここにありました。
天気もあっという間に晴れて登っているので靴以外は乾いちゃいました。
ウインドブレーカーもパンパンと何度かしたら乾いちゃいました。
Rimg1045
乙女高原にあるグリーンロッジです。
この日はやっていなかったのでベンチをお借りして残りのおむすびとチョコを食べちゃいます。
Rimg1056
乙女高原から今度は太良峠を目指します。
Rimg1057
下り道ですが勾配も緩くスピードも出過ぎないので気持ち良く下れます。
ガミさんも気持ち良さそうです。
Rimg1064
そんなこんなで太良峠に到着です。
Rimg1069
眼下には甲府の町が海の様に見えます。
天気予報も外れマサカの晴れで後は12キロ下るだけです。
あの雨の中ここまで来れた事に安堵します。
ここからの下りは工事中だったのですが自転車なら大丈夫かなーと思い下ります。
そしたら作業員の放し飼いの犬が3匹もいてメッチャ吠えられます。
動けませんでしたがそろりそろりなんとか通過します。
やっと民家を見た時はほっとしました。
Rimg1073
ほっとしたのもつかの間で今度は急斜面の激坂の長い下り道です。
路面もガタガタです。
激坂の辛口好きにはたまらなそうな道です。
Rimg1077
今度はきれいな舗装路を軽快に下り
Rimg1081
武田神社を過ぎ車まで戻りました。
雨の時はどうしようかと思ったけど無事戻ってこれて良かった~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«海から富士山新5合目