« 嶺方峠 | トップページ | 九十九里海岸 »

天城峠

Rimg0153
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いいたします。

今年の初カーサイクリングは伊豆半島に行ってきました。
1月で寒いので伊豆の方なら少しは暖かいかな~と勝手に思いつつ…
Rimg0063
道の駅天城越えまで車で行きます。
ここは山の上の方にありマサカの雪が積もっています。
自分の住んでいる所は全然降っていなかったのでビックリです…
しかもメッチャ寒いです。
ガミさんと二人なのでどうにかなるさ!と10時ころスタートです♪

最初は伊豆の踊り子も通った天城峠です。
ここは旧道で車は新道の新天城トンネルを走ります。
Rimg0069
国道414号は何とか走れたのですが旧道に入った途端に雪景色です。
せっかくはるばる来たのでとりあえず行きます。
Rimg0089
雪景色にロードバイク。   アホですね~
Rimg0092
重要文化財のトンネルで日本の道100選にもなっているそうです。
トンネル内、旧道はほとんど歩きました。ハイキングです。
旧道を抜け国道414号を南に進むと路面もドライになりサイクリング再開です。
山の中を軽快に下って行くと突如山の中にどでかいループ橋です。
Rimg0101
ちょっと道の橋から見てみますが高いです。足がすくみます。
ここを下り、さらに南下して414号から15号に右折して西にある松崎を目指します。
Rimg0115
プチ峠があったりして高い所では海も見えました。
のどかな道を淡々と進み松崎に到着です。
Rimg0192
所々になまこ壁という独特の外壁の建物がありました。

松崎から今度は仁科峠を目指し進みますが…
電光掲示板に仁科峠積雪チェーン必要となっています。
天城峠が標高708m 仁科峠が896mです。
うすうす感じていてモヤモヤしていた仁科峠の雪だったのですが電光掲示板で現実を突き付けられました。(なんとかなるかなーと思っていたけど)

時間も雪の中を歩いたりもしたので4時近くです。
考えた結果、来た道なら迷わないし路面状況も分かっているので来た道で戻る事にしました。
Rimg0208
そんな中見た海は綺麗で癒されました。
コンビニで休憩して戻ります。
だんだん日が沈んでいきますがガミさんと二人なら大丈夫です。
よくある事です。無理せず補給、休憩もしっかりとります。
日も沈み真っ暗な中を走ります。街頭も全く点いていないです。
行きに通った巨大なループ橋を昇っている時はなんだか近未来を走っているような不思議な感じでした。

山のてっぺんが新天城トンネルなのですがなかなか着きません。
Rimg0234
何度か違うトンネルを新天城トンネルだと思い一喜一憂しながら1時間位登っていきます。
そしてやっとてっぺんの新天城トンネルに到着するのですがこの辺り雪ももあり凍結も…
ここから数キロ下ればゴールの道の駅です。

自分何度か雪や濡れた路面で転んでいるので自分の自転車のタイヤが信用できません。
路面も濡れているのか色が濃いのか分からず何も信じられなく疑心暗鬼です。
ガミさんが先を行く中、一人でブレーキ全開で全神経集中しながら下ります。
タイヤが滑らないようになるべく真っすぐでバイクを傾けないようにと、もうビクビクでした。
車に戻った時は本当にうれしかったな~
あとでガミさんが言うには路面は結構ドライっだったようです。気持ちで負けていましたね~

そんなこんなでお腹一杯走って来ました。
もっと暖かくなったら仁科峠に行こう~
距離94キロ



|

« 嶺方峠 | トップページ | 九十九里海岸 »

カーサイクリング 千葉県 静岡県 神奈川県」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1230693/43798631

この記事へのトラックバック一覧です: 天城峠:

« 嶺方峠 | トップページ | 九十九里海岸 »