« 2013年6月21日 | トップページ | 2013年8月26日 »

2013年7月14日

いろは坂、山王峠

Rimg3837
水曜日にガミさんと日光の方までカーサイクリングに行ってきました。
コースは日光→いろは坂→中禅寺湖→戦場ヶ原→山王峠→川俣温泉→霜降高原です。
Rimg3517
車で日光にある駐車場まで行きます。
この駐車場は無料で良いのですが平日のこの日も9時頃には満車になっていました。
Rimg3528
この日も猛暑でした。この先大丈夫かな~
まずはいろは坂を目指します。
Rimg3537
ここからいろは坂です。
この時点で暑くて一杯一杯ですね。
水道があったので靴以外全身に水をかぶっちゃいますね。
Rimg3558
いろは坂は一方通行で登り専用の第2いろは坂を登ります。
紅葉の時期は渋滞になるほど混むそうです。
Rimg3599
くねくね道を進みます。
男体山も目の前です。
Rimg3613
長い明智第2トンネルを抜けると中禅寺湖に着きました。
ここでのんびり湖を眺めながらおにぎりを食べます。
暑い中登ってきたので塩味最高です。スプライトも、のどにシュワーっと最高です。
標高も上がり気温も下がり暑さも和らぎます。
今度は戦場ヶ原を目指します。
Rimg3652
中禅寺湖を後にして登って行くとまっすぐな開けた道が♪
Rimg3677
進行方向右は男体山
Rimg3700
左は湿原地帯です。
高原の道路って感じで気持ち良いですね~
戦場ヶ原から右に曲がり山王峠を目指します。
Rimg3721
途中、光徳牧場でアイスクリームを食べていきます。
うまいです! のんびり食べていると観光客や山登りの人もアイス買ってました。
人気っぽいです。
ここから道は更に細くなり峠まで車は2,3台しかいませんでした。
林道奥鬼怒線と書いてありました。
Rimg3736
緑の中進んで行くと山王峠(1730m)に到着しました。
特に標識も何もないので進みます。
峠を越えると待望の下りです。
Rimg3934
爽快です!
ただ道も狭くブラインドコーナーが多く対向車に注意しながら下ります。
Rimg3949
トンネルも小さい…
そんなこんなで山深いひっそりとした林道を下って行くと川俣温泉に着きます。

Rimg4036
川俣温泉付近に無料の足湯ポイントがありました。
靴で足が締め付けられていて痛かったのでうれしいです。
しかし! お湯が熱すぎで足入れられません…
それでも何度かチャレンジしましたがダメでした。
Rimg4052
それでもここからの渓谷の眺めは良く間欠泉があり何度かお湯が上に噴出してました。
足湯の回りは板の間で誰もいないのでハダシでのんびり休憩します。
Rimg4087
休憩後は爽快に平坦基調の道で川俣大橋を渡り黒部ダムを目指します。
黒部ダムと言っても有名ではない方です。
山に囲まれた道を進みます。途中ぽつんぽつんと店や集落がありますが基本山に囲まれた鬼怒川沿いの道です。
Rimg4092
黒部ダムの橋を渡り右に曲がり霜降高原高原道路を目指します。
平坦基調も終わりここから登り基調の峠道です。
しばらく行くと牧場があります。
Rimg4102
大笹牧場です。
ここを右(霧降高原道路方面)に曲がり更に進みます。
大笹牧場からは牧草地帯で良いですね~
Rimg4104
しかしなかなかの勾配です。
ずーと登りで休めません。
ふと振り返ると気持ちの良さそうなダウンヒルな道がみえます。
下ったらさぞ気持ちがいんだろうな~
Rimg4112
↑木彫りの塔が。標高が書いてあります。
この牧場広すぎです。
いくら登っても登っても目標の六方沢大橋には着きません。
霧降高原道路の最高地点は六方沢大橋付近だそうです。
泣きそうになりながら登りやっとこさ到着しました。
疲れも溜まっていたし日も落ちそうだしで橋が見えた時はうれしかった~
Rimg4117
橋でのんびりしていると霧がどんどん出てきました。
名前の通り霧が出やすいのかな。
霧の中、慎重に下ります。下に行くと雨まで降ってました。
車まではほとんど下りっぱなしでした。
ボロボロになりながらも車に無事もどりました。

Rimg3981
前半は有名な日光やいろは坂、後半は林道奥鬼怒線、川俣温泉など秘境的な山道で良いコースでした。
距離のわりに獲得標高もありガッツリやられちゃいましたね。
ガミさんとド山にやられたいねと話していたので希望通りになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2013年6月21日 | トップページ | 2013年8月26日 »