カーサイクリング 群馬県 栃木県 茨城県

霞ケ浦

Rimg0013
ちょっと前ですがガミさんと霞ヶ浦に行って来ました。
Rimg0004
車で茨城県にある霞ヶ浦総合公園まで行きます。
ゲートもないので帰りの心配もしなくてすみます。
ここからすぐ湖に入り水辺を走ります。

霞ヶ浦は日本で2番目に大きい湖です。
今回は100キロ弱でアップダウンも少ないコースです。
ガッツリな登りもなくクルクルとポタリングな感じで行きます。
時計回りで進みます。

湖沿いの道も所々自衛隊施設などで迂回しなくてはなりませんが農道を通ったり国道に出れば問題なく走れます。

Rimg0038
見晴らし台のある大須賀津湖畔農村公園がありました。

Rimg0041
せっかくなので登ってみます。
他のサイクリストの方も休憩してますね。

Rimg0054
こっちはお仕事中ですね

Rimg0043
これから進む道です。
本当に見晴らし良いですね~
しばらく湖沿いを軽快にはしります。

Rimg0058
湖沿いの道も終わりセブンイレブンと旅館喜久のある所から霞ヶ浦を離れ国道を走ります。
交通量もあります。125号をしばらく走り新利根川に合流し右手に川を見ながら進みますが飽きてきます。

Rimg0061
ちょっと飽きてきたのでここを↑左に曲がります。
食堂もありました。
ちょっと行くと川や雨宮牧場もあり川沿いに走りまた霞ヶ浦に着きました。

Rimg0069
稲敷大橋の近くの湿原地帯で眺めも良いので休憩します。

Rimg0078
妙岐ノ鼻湿原の野鳥を観察する為の小屋だそうです。


Rimg0080
休憩してる所から進行方向です。
真っ直ぐですね~
ここから進むと北利根橋がありますがここが交通量もあるので右車線に歩道があるので歩道で渡りました。折り返し地点です。
Rimg0091

鉄塔や船も雰囲気良かったな~
Rimg0104_2
その後も水辺をクルクルしながら走って行きました。

今回のコースはなんといっても水辺が近い。これが癒されます。
車とのストレスが少ない。コース最後の土浦駅あたりは大変だったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二度上峠と榛名湖

Rimg3202
水曜日にガミさんと榛名湖と二度上峠に行ってきました。
榛名湖は群馬にあり榛名山のカルデラに生じた火口原湖。東西1km、南北1.3kmの湖面には、榛名富士の優美な姿が映し出される。湖岸 をサイクリングしたり遊覧船やペダルボート、手漕ぎボートもあります。
Rimg3073
前橋インターから近い浜川運動公園まで車です。
この運動公園は広くてゲートも無いので時間制限なく車は問題無く停められます。
Rimg3092
まずは18キロ先にある榛名湖を目指します。
ほとんど登り基調です。最初は車も多いのですが段々少なくなります。
Rimg3107
そしてひっそりとした山道に入ります。
雨もポツポツ降ってきたりします…
この先不安ですが月1回のカーサイクリングは始まったばかりです。
このまま進みます。
Rimg3116
クネクネ道や急勾配を登り峠っぽい所に出ました。
標高も1000以上あり登り応えもありますね~
ボトルも2本飲んで汗だくです。
この峠(たぶん松之沢峠)を越えるとキレイな形の榛名富士が見えました。
Rimg3130
榛名湖です。その向こうに榛名山。形がとてもきれいですね。
右上のロープウェーイの欠けた部分が残念ですけど…
ここのベンチでおにぎり食べながら休憩です。
観光地なのでスワンに乗ってる人や二人乗り自転車に乗っているカップルもいました。
ただ人が少ないですね~
Rimg3133
榛名湖からは歴史ある榛名神社の方に下ります。
ここを左に入り天神峠まで少しのぼり下って行きます。
天神峠は榛名山ヒルクライムIN高崎、約してハルヒルのゴール地点でもあります。
Rimg3170
ハルヒルのゴール地点から僕達は下って行きます。
結構な勾配ですね。このヒルクライムレースは後半辛そうです。
僕達は下りなんで関係ないですね~
榛名神社近くもバイクラックが多く見られます。
自転車乗り歓迎かな?
Rimg3184
榛名神社を越えハルヒルのコースから外れ今度は倉渕村に行きます。
そこから二度上峠を目指します。権田の信号までは車もそこそこです。
権田の信号からは車も少なくなります。
二度上峠までは信号も無く20キロ弱のお山のコースに突入です。
Rimg3186
橋も大きいです。この日も霧があったり雲っていたりで視界は悪いですね…
Rimg3232
直線的な広い道路です。車も少なく快適♪爽快に進みます。
Rimg3237
段々またひっそりとしてきました。
九十九折の道を進んでいきます。
親切に二度上峠までの距離が標識で所々にあります。
Rimg3245
今日のメインの二度上峠に到着です。
ここからは雄大な浅間山がドッカーンと見えるのですが…
Rimg3250
ガスっていてまったく見えませんでした。

帰りはルートラボで見ると約40キロだだ下りです。
途中雨に降られたりエッジの効いたトラックや車が多くヒヤヒヤしながら帰ります。
そして車まで無事戻りました。
今回はガスっていて期待の景色が見られなかったのでいつか二度目上がりたいですね~

| | コメント (1) | トラックバック (0)

いろは坂、山王峠

Rimg3837
水曜日にガミさんと日光の方までカーサイクリングに行ってきました。
コースは日光→いろは坂→中禅寺湖→戦場ヶ原→山王峠→川俣温泉→霜降高原です。
Rimg3517
車で日光にある駐車場まで行きます。
この駐車場は無料で良いのですが平日のこの日も9時頃には満車になっていました。
Rimg3528
この日も猛暑でした。この先大丈夫かな~
まずはいろは坂を目指します。
Rimg3537
ここからいろは坂です。
この時点で暑くて一杯一杯ですね。
水道があったので靴以外全身に水をかぶっちゃいますね。
Rimg3558
いろは坂は一方通行で登り専用の第2いろは坂を登ります。
紅葉の時期は渋滞になるほど混むそうです。
Rimg3599
くねくね道を進みます。
男体山も目の前です。
Rimg3613
長い明智第2トンネルを抜けると中禅寺湖に着きました。
ここでのんびり湖を眺めながらおにぎりを食べます。
暑い中登ってきたので塩味最高です。スプライトも、のどにシュワーっと最高です。
標高も上がり気温も下がり暑さも和らぎます。
今度は戦場ヶ原を目指します。
Rimg3652
中禅寺湖を後にして登って行くとまっすぐな開けた道が♪
Rimg3677
進行方向右は男体山
Rimg3700
左は湿原地帯です。
高原の道路って感じで気持ち良いですね~
戦場ヶ原から右に曲がり山王峠を目指します。
Rimg3721
途中、光徳牧場でアイスクリームを食べていきます。
うまいです! のんびり食べていると観光客や山登りの人もアイス買ってました。
人気っぽいです。
ここから道は更に細くなり峠まで車は2,3台しかいませんでした。
林道奥鬼怒線と書いてありました。
Rimg3736
緑の中進んで行くと山王峠(1730m)に到着しました。
特に標識も何もないので進みます。
峠を越えると待望の下りです。
Rimg3934
爽快です!
ただ道も狭くブラインドコーナーが多く対向車に注意しながら下ります。
Rimg3949
トンネルも小さい…
そんなこんなで山深いひっそりとした林道を下って行くと川俣温泉に着きます。

Rimg4036
川俣温泉付近に無料の足湯ポイントがありました。
靴で足が締め付けられていて痛かったのでうれしいです。
しかし! お湯が熱すぎで足入れられません…
それでも何度かチャレンジしましたがダメでした。
Rimg4052
それでもここからの渓谷の眺めは良く間欠泉があり何度かお湯が上に噴出してました。
足湯の回りは板の間で誰もいないのでハダシでのんびり休憩します。
Rimg4087
休憩後は爽快に平坦基調の道で川俣大橋を渡り黒部ダムを目指します。
黒部ダムと言っても有名ではない方です。
山に囲まれた道を進みます。途中ぽつんぽつんと店や集落がありますが基本山に囲まれた鬼怒川沿いの道です。
Rimg4092
黒部ダムの橋を渡り右に曲がり霜降高原高原道路を目指します。
平坦基調も終わりここから登り基調の峠道です。
しばらく行くと牧場があります。
Rimg4102
大笹牧場です。
ここを右(霧降高原道路方面)に曲がり更に進みます。
大笹牧場からは牧草地帯で良いですね~
Rimg4104
しかしなかなかの勾配です。
ずーと登りで休めません。
ふと振り返ると気持ちの良さそうなダウンヒルな道がみえます。
下ったらさぞ気持ちがいんだろうな~
Rimg4112
↑木彫りの塔が。標高が書いてあります。
この牧場広すぎです。
いくら登っても登っても目標の六方沢大橋には着きません。
霧降高原道路の最高地点は六方沢大橋付近だそうです。
泣きそうになりながら登りやっとこさ到着しました。
疲れも溜まっていたし日も落ちそうだしで橋が見えた時はうれしかった~
Rimg4117
橋でのんびりしていると霧がどんどん出てきました。
名前の通り霧が出やすいのかな。
霧の中、慎重に下ります。下に行くと雨まで降ってました。
車まではほとんど下りっぱなしでした。
ボロボロになりながらも車に無事もどりました。

Rimg3981
前半は有名な日光やいろは坂、後半は林道奥鬼怒線、川俣温泉など秘境的な山道で良いコースでした。
距離のわりに獲得標高もありガッツリやられちゃいましたね。
ガミさんとド山にやられたいねと話していたので希望通りになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

筑波山とりんりんロード

Rimg3285_3
水曜日にガミさんと筑波山とりんりんロードに行って来ました。
りんりんロードとは筑波鉄道の廃線跡地を活用して整備された大規模自転車道です。
Rimg3120
まずはりんりんロード沿いにある虫掛駐車場まで車で行きます。
10台くらいの駐車場で垣根の向こうが自転車道です。
Rimg3166
人通りも少なく路面もきれいで走りやすい♪もちろん車は通れません。
周りは平地で田んぼが広がっています。
ノンストレスの道をのんびりと進みます。
Rimg3182
元々は線路だったので駅の跡地もありトイレ設備もあり良い休憩所になっていました。
そんなこんなで進んで行くと…
Rimg3230
遠くに見えていた筑波山が急に前方に現れます。
後半はあの山のどの辺まで行くのかな~
Rimg3250
アップダウンも少ない田園地帯を進みそろそろりんりんロードから41号に行きます。
筑波山の見え方も場所によって変わってきていい感じでした。
Rimg3331
41号から今度は真壁の古い町並みを見に寄り道をします。
Rimg3345
所々古い家が点在しています。
Rimg3369
雰囲気が良いですね~
Rimg3394
真壁町をあとにして今度は山方面へ!
150号から入り湯袋峠を目指します。
Rimg3433
路面はずーと黄色とグレーのストライプが続いてます。
途中湧き水もあり飲んだり頭や腕にかけます。暑いです。
結局湯袋峠は標識も見あたらず… 次は風返し峠を目指します。
Rimg3462
風返し峠は五叉路の交差点でした。
↑少し上から見た風返し峠。
今度はさらに上のつつじヶ丘を目指します。
Rimg3470
ヒィーヒィーして到着。
ここは山への登山口があったりお土産屋、ロープウェイの駅もあります。
駐車場も広いです。
登った後はアイスを食べて生き返ります。
Rimg3488
カエルもいたり子供用の乗り物があったりデパートの屋上みたいですね。
それにしてもガチャガチャしていてまとまりなかったなー
Rimg3517
ゆっくりした後はダウンヒルと山岳コースを楽しみます。
風返し峠に戻り不動峠、朝日峠へと疾走します。
Rimg3555
朝日峠駐車場からの眺め
Rimg3574
こちらはハングライダーの離陸台です。
離陸台の下は崖です。怖いですね~
Rimg3608
そんなこんなで山も下り199号、53号からりんりんロードに戻り車まで戻りました。
今回いつもより低い峠道でしたが山道からの眺めは周りが平地の田園地帯なので気持ち良く見渡せました。
前半はフラット後半は山岳コースになっておりメリハリあるコースになりました。
新緑の季節で田んぼには水が張ってあり時期も良かったと思います。
今回のコースもここならでは雰囲気もあり楽しめました。

距離72キロ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

霞ヶ浦と鹿島

Rimg3098_2
明けましておめでとうございます。
一ヶ月ぶりの今年初ライドは山は雪や凍結がありそうなので悩んだ末、霞ヶ浦と海にしました。
Rimg2977
今回もガミさんとカーサイクリングです。
高速道路を使えば茨城も可能でした。長野と同じか近いくらいです。
これから開拓していきたいと思います。

霞ヶ浦にある道の駅たまつくりからスタートです。
すぐそばに霞ヶ浦の自転車道があります。
Rimg3008
のどかで車や人も少なく走りやすい♪
ストレスなく走れます。
Rimg3071
霞ヶ浦は日本で2番目に広い湖です。
僕も初めてだったんですが本当に広かったー
今度は一周してみるのもいいかな~ 90キロくらいだそうです。
Rimg3128
霞ヶ浦を南下して北利根橋から51号に入ります。
ここからは車道なので車、特にトラックに悩まされます。
気を使いながら走り今度は鹿島方面に進みます。
Rimg3151
途中鹿島神宮によって今年の安全を祈願します。
今度は海を目指します。
とりあえず東へ進めば着くので適当に東へ進みます。
Rimg3155
ちょっと進むと道の向こうに海が見えてきます。
気持ちも上がっていきますね~
Rimg3164
そして海に着き見回すと工場地帯がありました。
天気も曇ってきて独特の雰囲気を出しています。
Rimg3195
海沿いの道を探しますがありませんでした。
本当は海沿いを北上し戻ろうと考えていましたが曇ってきてるし海からの風が強いし寒いしで断念しました。
そこでさっき見た工場地帯のそばまで行って見ます。
Rimg3209
風力発電の真下まで来てみました。
でかいです。ブォンブォンと音も出ており結構うるさい。
社会見学も終わり来た道を戻ります。
交通量の多い51号から霞ヶ浦の自転車道に入った時はほっとしました。
Rimg3113
霞ヶ浦の道は気持ちよかったな~
茨城はりんりんロードや筑波山などもありこれからも楽しみです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

坤六峠

Rimg2641
水曜日にガミさんと坤六峠に行って来ました。
コースは群馬の武尊山を一周する感じで照葉峡や奈良俣ダムなど紅葉スポット多々あります。
Rimg2344
沼田インター近くの道の駅白沢まで車です。
天気予報は晴れなんですがこの日は寒かった~
一応充分過ぎるほどの用意(ダウン、冬用グローブ、シューズカバー)をします。
ガミさんとたぶん使わないと思うけどと話したりします。
Rimg2358
まずは120号を北の尾瀬方面に行きます。
たんたんと登って行くと
Rimg2375
峠に到着。あっさり着いちゃいます。
Rimg2369
見晴らしも良いですね~
さらに120号を進んで行くと観光地で東洋のナイアガラと呼ばれている吹割の滝があります。
Rimg2396
急斜面を降りると遊歩道があります。
自転車のSPDシューズでしたが強引に行ってみました。
どこが吹割の滝か分からなかったけど大きな岩や川に癒されます。
観光客も結構いました。
Rimg2424
斜面にはお店が並んでいます。

さらに進み鎌田の交差点を左に入ります。
ここから県道63号に入ります。
この辺りから段々紅葉が見ごろになってきます。
Rimg2444
さらに登って行きます。
Rimg2451
分かれ道があります。
僕はここが鳩待峠に行く分岐と思いまっすぐ行っちゃいます。
Rimg2499
やっぱり山の中は良いですね~
紅葉も始まっていますね。


Rimg2520
雰囲気も良いですね~



Rimg2542
そんなこんなで進みます。
途中車はこの先2キロまでと看板がありますがそんなの間違えでしょう、と勝手に考えて進みます。
しかし本当に行き止まりでした……
えっ?半分パニックになりながら地図を確認します。
Rimg2568
いつの間にか尾瀬に来ていました。
とりあえず寒いしお腹も減っていたのでそばを食べ温まります。
来た道を戻り分岐を今度は鳩待方面に進みます。
下りで体は冷え雨もポツポツ降ってきます。道も間違え気分はなえます。
そんな感じで進んで行きますがだんだん紅葉が凄くなってきます。
Rimg2637
色鮮やかです♪
あまりの綺麗さに脳内物質が出たのかハッピーな気分に。


Rimg2596
車や観光バスも結構走っていてナンバーを見ると色々な所から来ているみたいです。


Rimg2657
まさに今が旬の道ですね。




Rimg2660
渓谷があったり遠くの山が見えたりととてもダイナミックです。




Rimg2722
赤一面地帯、オレンジ地帯など自転車で走っていると変化も段々に見られます。
そんな感じで雨や寒さもどこえやらで進んで行くと
Rimg2742
坤六峠に着いちゃいました。
でももう4時を過ぎちゃってます。
ダウンを着て、冬用グローブに換えダウンヒルです。
メッチャ寒いです。充分過ぎる用意でもギリでした。
路面も濡れているし寒いし暗くなってきているしで…
手、足の指先の感覚が無くなってきます。明日自分カゼひくなと思います。

当然山中は外灯がありません。真っ暗の中で休憩をとり、おにぎりを食べます。次につなげる為無理はしません。
知らない動物の鳴き声が聞こえてビビります。
やっとこ水上に出るもそこからも長かった~
ただ雨も止み路面も乾いて下り基調で寒さも和らぎ気持ち良く走ります。
夜のライドを楽しみますが沼田までが長い。それに疲労も溜まってきています。
それでも何とか車に戻り一安心。

天気や寒さにやられましたがそれ以上に凄い燃えるような紅葉が見れたから良かったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地蔵峠、つまごいパノラマライン

Rimg2435
水曜日にガミさんと地蔵峠(県道94号)と嬬恋に行ってきました。
今回のコースは最初ガツンと地蔵峠を登り下った後、嬬恋村の中をつまごいパノラマラインなどでぐるっと回ってまた地蔵峠を越えて帰る感じです。
全然乗れていなく、1ヶ月ぶりのロードバイクです。
Rimg2130
道の駅雷電くるみの里までは車です。
上信越道の小諸インターからすぐです。インターからすぐだと着くのも早いです。
ここから東へ進みコンビニのある別府の交差点を右に曲がると県道94号です。
最初からいきなりの登りです。
しかも勾配もあり、ずーと登りな為足を休ませる事が出来ません。
Rimg2157
途中振り返ると小諸の町が眼下に広がります。
この県道94号を登ると地蔵峠があります。まずはそこを目指します。
この道は100体ものお地蔵様が江戸時代の末に作られ祭られております。
実際通ってみると凄い数です。一番から順番に書いてあり僕たちも一緒に登って行きます。
Rimg2172
これは50番目ですね。
地蔵峠は1730mなので僕達の行く峠でも高い方です。
なかなか着きません。久々のライドなのと興奮して眠れなかったので体がきついです。
標高が上がるにつれ木々の種類が変わり温度も変わってきます。
Rimg2201
やっとこ地蔵峠に到着です。
ここは峠というより大きな駐車場とホテルやお店がありますね。
山登りの人とかも結構います。
この地蔵峠は日本列島の中央分水嶺、その真ん中に位置しており長野県側に流れる水は日本海に、群馬県側に流れる水は太平洋に流れるそうです。
とりあえずお店お勧めの木いちごソフトクリームをいただき生き返ります。
Rimg2209
今度はキャベツの産地、嬬恋村を目指します。
爽快なダウンヒルをしながら行きます。
Rimg2227
鹿鳴館ホテルを過ぎ慎重にパノラマラインの入り口を探して行くとありました↑
今回はパノラマラインを時計周りで進みます。北ルート、南ルートがあり両方通りますがまずは北ルートからです。
Rimg2238
すばらしい道ですね~
圧倒的な大自然とキャベツ畑。人もほとんどいません。
峠を越えた御褒美です。
Rimg2285
今が旬?いい感じで育っているのかな。辺り一面緑です。
ちょうど良い時期に来たようです。
Rimg2333
愛妻の丘(妻と恋だから?)と言う所がありガミさんと昼食でマッタリします。
おじさん2人で… 
景色は最高ですね~ 田代湖と浅間山が見えます。
Rimg2385
そのあとも圧倒的なキャベツの中を進みます。
爽快に進み大きな橋を渡ると山岳コースに入ります
Rimg2396
山岳コースを振り返って見た所↑
山岳コースにはパノラマラインの標識は無く、ここは本当にパノラマラインかなーと泣きそうになりながら登ります。
やっとこ登りきり名も無き峠を後にします。(勝手に峠にしちゃいます。)
またまた爽快に下って行くと…
Rimg2400
メッチャまっすぐな直線道路です。最高ですね~
Rimg2416
振り返って見ると下ってきた道は急な坂で壁のようです。
すれ違った学生の自転車乗りたちがアタックしてました。
Rimg2425
つまごいパノラマライイン北ルートはここで↑おしまいです。
ここからは59号を右に行き下って行きます。
万座・鹿沢駅を通る144号の長野街道に入ります。
駅近くのスーパーで迷った末、冷やし中華、味付け卵2個、生クリームの乗ったプリンを食べます。
暑い中のライドで疲れた僕には涙が出るほどうまかった~
次は一般道を通りパノラマラインの南ルートを目指します。
がっ しかし登りです。大前の駅を過ぎ大笹の交差点を左に入り235号を下って行くのかなーと思いきやまた登って… 登りっぱなしです。
Rimg2475
やっとの事で南ルートに入ります。
こちらもすばらしいです。
Rimg2462_2
右側はこんな感じ。
Rimg2467
左側は浅間山が見えます。
そしてアップダウンにヒィヒィーしながら最初につまごいパノラマラインに入った所に合流します。もうこの頃は頭の中はキャベツでいっぱいです。
残るは行きに通った地蔵峠を越えるだけです。
もうとっくに足は売り切れています。あとは気力で登りきりやっとこさー車まで戻りました。

つまごいパノラマラインは大自然の中まっすぐな道、キャベツ畑のスケールが大きく建造物も少なく最高でした。
たまたま緑の季節でしたが違う季節に行ってもこのスケールは見応えがあると思います。
それにしても疲れました。獲得標高の2650mなのもあったけどもっと乗らないとな~
距離100キロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

碓氷峠と妙義山

Rimg1210
16日にガミさんと妙義山と碓氷峠に行ってきました。
Rimg1147
まずは車で道の駅みょうぎまで行きます。
川越インターから高速に乗ったら思ったより早く着きました。
この日はこの秋一番の寒さで本当に寒い… そんな中スタートです。
Rimg1236
最初から登りです。道の駅から妙義山は見えているし下には村が見えるしでテンション高いです。登りなので体も温まります。
妙義山は日本三奇勝の一つで石門群がみごとです。
Rimg1260
走るたび、カーブするたびに岩山も色々な表情を見せてくれます。
自転車の速度が丁度よく景色も見れます♪
Rimg1343
天気も良く空気も澄んでいるので山々も見えます。
立ち止まりすぎて全然進みません… 二人でいいね~の連発です。
Rimg1386
妙義山の次は西上州やまびこ街道を走ります。
のどかで良いですね~ 時間の流れが違う感じです。
次は本宿のコンビニの先を右に曲がり和美峠を目指します。
Rimg1477
この道は紅葉ラインと標識もあり、丁度時期も良くもみじなど綺麗でした。
Rimg1503
しばらく登ると遥か上に上信越道の橋が!かなりでかい!
Rimg1518
紅葉の山々を見ながら登りきると和美峠です。
今度は軽井沢を目指します。
Rimg1522
軽井沢のゴルフ場を横目に下ります。
標高も高くなり寒さも一段増しです。寒さで顔が痛い。
Rimg1533
軽井沢を爽快に走り中山道に入ります。
今度は碓氷峠を目指します。
Rimg1536
これから頑張ろうと思っていたらあっさり峠に着いちゃいました。
写真を撮っていたりしていると [見晴らし台、旧碓氷峠まで6キロ] の看板を発見。
まだ時間もあるし行ってみます。
細い道をえっちら登って行くと!
Rimg1564
最後の石畳を強引に行くと 
ジャーン!景色最高です。感動です。
Rimg1549
午前中下から上に見上げていた巨大な妙義山も下に見えます。
寄り道して良かったー!
しかし、この時、すでに3時半です。今日最後のポイントめがね橋が残ってます。
もたもたしていると日が暮れちゃいます。
中山道の長いクネクネ道を下ります。きついコーナーの連続です。
安全なスピードでギュインギュイン下ります。
この長い道逆に登ったら大変だな~っと思っちゃいます。
Rimg1578
暗くなる前になんとか到着。すごいです。山の中に突如現れました。
しばらく見上げちゃいます。
Rimg1581
めがね橋の上は昔は電車が通っていたのですが今は廃線になっていて歩く事が出来ます。
ガミさん上がりたそうです…。
せっかくなので自転車かついで登って廃線を歩いてみます。
Rimg1595
トンネルの中も歩けます。500メートル位進むと道路に出る所があったので道路に出て道の駅まで帰りました。

見どころ満載で紅葉の時期にも重なり最高のコースでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)